コンテンツへスキップ

Home

松村正治 MATSUMURA Masaharu

中ヶ谷戸オフィス[調査研究・コンサルティング]+野兎舎[出版]代表、NPO法人よこはま里山研究所(NORA)理事長。
立教大学大学院・上智大学・法政大学・恵泉女学園大学兼任講師。学術的な専門分野は、環境社会学、公共社会学。
まちの近くで里山とかかわる暮らし、里山をいかす仕事づくり、市民協働による持続可能な地域づくりをすすめています。
お問い合わせ・ご相談などは、「お問い合わせ」のフォームからご連絡ください。


  • 安全で楽しく価値ある森づくり活動を推進できる現場リーダーの育成
    モリダスmoridas
  • 高齢化が進む小松・城北地区(相模原市緑区旧城山町)で、農地管理・里山保全に協力する活動
    城山里山サポーター
  • 恵泉女学園大学の教育農場(町田市小野路町)で、できるだけ不耕起で野菜や花を無農薬有機で栽培し、これをCSA形式でパートナーに届ける活動
  • 恵泉CSALife Lab Tama
  • 鎌倉街道小野路宿ふるさとの森(町田市小野路町)のある谷戸景観を保全するために、田んぼで米を作り、雑木林・竹林に手を入れる活動
    →小野路里山|Life Lab Tama
  • 多摩丘陵に自生する植物の種子を採り、花壇や庭園で育てるコミュニティガーデンを増やす活動
    未来の街路花壇を考える会
  • 活動拠点「はまどま」(横浜市緑区宿町)を「街なかの里山の入口」として、自立的な運営を目ざす活動
    →はまどまプロジェクト|NPO法人よこはま里山研究所(NORA)
  • カネミ油症の被害者を支援するとともに、この食品公害の経験を伝える活動
    カネミ油症被害者支援センター
  • 環境運動の経験を記録し、その歴史を「誰ひとり取り残さない」環境を作るために生かす活動
    環境運動のパブリックヒストリー新時代アジアピースアカデミー(NPA)
  • 米中対立が深まるなか、沖縄、特に八重山の平和を願い、平和を作るための活動
  • 町田市内の公園・緑地、里山、農地の活用促進に向けた「まちだみどり活用ネットワーク」の運営支援
  • このほかに、シリーズ環境社会学講座(新泉社)第4巻の編集、コミュニティ科研(代表:宮内泰介さん)など

実現したい社会の姿を想像して独自に「7つのコード」を掲げて事業/活動を実践しています。

お仕事のご相談、ご依頼などは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

調査研究・コンサルティング
地域の環境・社会調査、インタビュー調査、地理情報システム(GIS)、社会調査データの分析

教育・人材育成
自然資源を生かした地域づくり、非営利組織の持続可能な運営、対話を通して学ぶ場づくり、市民協働の場づくり
環境社会学、持続可能社会(SDGs)論、論理的思考、レポート・論文の作成、主体的な学習支援

講演・話題提供
里山保全、環境と社会、市民協働、非営利組織論

おもに3つの問題関心(人と自然のあり方、人と人の関係性のあり方、歴史からの学び)にもとづき、都市と農村のあいだ(多摩丘陵)、日本と外国のあいだ(国境離島)を訪れ、学術的な調査研究に取り組んでいます。