演劇『フリック』

10月29日(土)、新国立劇場で『フリック』を観劇した。
小さな古い映画館で働く若者の日常を描いたアメリカの現代劇で、とにかく台詞が良い。
全体的にユーモアがあり、ときどき光る若さゆえの純真さや鋭利さ、それゆえの言葉のすれ違いや衝突など、台詞の妙にうならされた。
2014年ピュリッツァー賞受賞作とのことだが、翻訳も無理が少なくて良かった。

この芝居を観ているとき、普段接している学生たちのことを思っていた。
登場人物の生き方は不器用だ。
今の私からすると、もっと思考の無駄を省略して、考えるべきことをシンプルにした方がいいなどと思ってしまう。
特に他人とのかかわりに関しては、自分でいくら考えても、いくらうまくやろうとしても、他者は他者ゆえに思うようにならない。
そのことを前提にした割り切りと、少しはわかり合えることがあるだろうという希望を持って、私は生きている。
はっきりと言ってしまえば、周りに大きな期待しても仕方ないという諦観もある。

一方、学生たちの迷い、悩みの多くは、いくら考えても考え尽くせない、そこでは答えが出ないものばかりだ。
だから、私は考えるべき範囲を説明したり、考えるための材料がそろっていないときは、経験することを勧めたりしがちだ。

でも、それってどうなんだろうと反省した。
むしろ、その迷い、悩みをよく聞いて、共感することの方がよほど大事なのではないか。
私だって学生の頃は、同じように将来を見通せないまま、ただ生きていて、迷い悩んでいた。
当時は、何に悩んでいるのかもわからなかったような気がする。
しかし、それはそれで、大事な時期だったはずだ。
芝居を観ながら、「大人」になった悲しみをちょっぴり感じた。

今の時代、先行きが明るくてポジティブに生きられることは普通じゃない。
どうしようかと悩む方がまっとうだと思う。
あぁ、こんな風に生きている若者を応援したい。
そのためには、「大人」になって個人的な悩みを解決することよりも、もっと悩んだ方がいいのかもしれない。

いや、本当は私も悩んでいる。
それをやり過ごすことが上手になっただけだ。
もっと自分の悩みに正直に向き合おう。
帰りの電車の中で、そう思った。

よこはま里山研究所のコラム
タグ:

コメントを残す