8月特別企画「『戦争の歌』を読む」ご案内

戦争について詠んだ歌を鑑賞することから、戦争の記録・記憶の継承について考えるという8月特別企画です。

今回読む本は、日清・日露戦争から太平洋戦争までの代表歌によるアンソロジー『戦争の歌』です。
この本は、膨大な数にのぼる「戦争の歌」の中から51首が厳選され、1首あたり原則見開き2ページで観賞・解説がまとめられており、短歌ビギナーでもすいすい読める好著です。

しかし、コンパクトな形式にまとめるために、著者にとっては書き足りなかったことも、山ほどあると思われます。

そこで、この企画では、前半に著者の松村正直氏から、この本を書くにあたって考えたこと、苦労したことや工夫したことなどを、掲載歌をいくつか取り上げながら話していただきます。
後半は、質疑応答の時間を十分に取った後に、未来の戦争を招くことがないように、戦争の記録・記憶の継承について参加者のみなさんとともに考えます。

戦争、短歌(言語表現)、歴史の継承などについて関心のある方は、ぜひご参加ください。

日 時

2020年8月12日(水)20:00-22:00

開催方法

オンライン(Zoom)

講 師

松村正直(歌人)

1970年東京都生まれ。歌人。塔短歌会編集長。 歌集に『午前3時を過ぎて』(第1回佐藤佐太郎短歌賞)『紫のひと』など、評論集に『短歌は記憶する』(第9回日本歌人クラブ評論賞)『戦争の歌』など。現在、「角川短歌」に評伝「啄木ごっこ」を連載しているほか、朝日新聞の短歌時評やNHK短歌の選者を務めている。京都市在住。

テキスト

松村正直『戦争の歌(コレクション日本歌人選78)』(笠間書院、2018年)

※テキストは各自でご用意ください。

資 料

講義用資料 ←クリックすると、PDFファイルが開くか、ダウンロードされます。

※講演時に使用しますので、事前にプリントアウトされるか、講演中にモニターやタブレット等の画面に映し出すことをお勧めします。

参加費

1,000円

お申込み

EventRegistのイベントページからお申込みください。

※参加費は、クレジットカードまたはPaypalでお支払いいただけます。
※8/9(日)までにお申込みいただいた方には、8/10(月)にZOOMのURLをメールでお知らせします。
※8/10(月)以降にお申込みされた方には、できるだけ速やかに、ZOOMのURLをお知らせします。

お問合せ

メールフォームからお問合せください。

主 催

中ヶ谷戸オフィス

コメントを残す